シルエットの種類

ウェディングドレスで真剣に見極めなくてはならないのが、ドレスの全体的なカッティングのことです。ドレスにとって、ドレスの形を支えるのは、ドレス全体のムードを決定づけるものだからです。ドレスのシルエットには、釣鐘型に膨らんだスカートのボールガウンタイプなら、ロマンティックなお姫様の雰囲気になります。また、スカートの素材によって、ボールガウンの形はさまざまに変化させることができます。シルクミカド地にボックスプリーツが入ったボールガウンのスカートは、より立体的なシルエットで豪華な光沢です。

また、Aラインであれば、正統でベーシックな形で外れがないでしょう。また、Aラインは上半身が細くてすそが広がっている、身長が高く見える錯覚を与えてくれます。上半身が細身で、下半身が三角形のこのスタイルは一番人気のあるものです。様々なタイプの体系に似合うこのスタイルは、ほとんどの体型の人に合っていて、特段向いていない人はいません。

シースはドレスの曲線に寄り添ったスリムなシルエットです。伝統的なウェディングドレスのモダンでよりセクシーなものです。向いているのは背が高くやせた人です。どこか隠したい体のラインがある人は向いていません。スリムで小柄な人もほっそりした形が背を高く見せてくれます。