ニッケルクロム冠

相手の歯によい、アレルギーの心配がない、加工技術が発達していてぴったりのものをつくりやすいなど、いろいろ利点はある。口の中にいろんな金属があると、 電池ができて腐食することがあるが、金だけならその心配も不要だ。だが、健康面から総合的にいえば、これまでの話が実践的だろう。こんな金の種々の利点を強調するだけで、歯科医が金冠を勧めたら、眉に唾をつけてよかろう。

金冠でない場合、ニッケルクロム冠は避けたい。金パラ冠を頼もう。ニッケルクロム冠は、まだ確証はそろっていないが、がんなどの怖い副作用の危険性も指摘されている。アレルギーの原因となったり、硬すぎて相棒の歯を傷めるなどの心記もある。使わないほうが無難。長年使っているから大丈夫、という歯科医も多い。しかし歯科界の基礎が弱体なため、長年にわたって、きちんと副作用の有無を確かめた研究は、一つも知られていない。特にポーセレン冠〉、ブリッジなどの際、多少安いからといって、ニッケルクロムにしないよう、注意したい。