ニッケルクロム冠

金冠は、虫歯にならず、アレルギーの心配がない、加工技術が発達して、ぴったりのものを作成しやすい、などの利点がある。口の中で様々な金属が存在すると、電池ができてしまって腐食する可能性がある。金冠なら、その心配も不要。しかし、健康面から総合的に、今までの私の話が実際に適している。この金のさまざまな利点を強調して、歯科医は金の冠を勧めてくる場合は、眉に唾をつけた方が良い。

金冠がない場合は、ニッケルクロム冠は避けたいと思う。金パラ冠を要求した方がいい。ニッケルクロムの詰め物は、まだ安全性において確証は持っておらず、癌のような恐ろしい副作用の危険性も指摘されている。アレルギーの原因とされ、またあまりにも硬すぎて、まわりの健康な歯を損傷するなど可能性も指摘されている。使用しない方が安全。長年の使用で、安全性を確認しているという歯科医も多い。しかし、歯科界の基盤が古いので、長年かけて副作用の有無を確認する研究も行っていない。特にポーセレン冠は、ブリッジを作る際のコストが多少安いからといって、安易にニッケルクロムにしないように注意したいと思います。