子どもの虫歯

子どもの虫歯は 親の口の中を見るとわかります。

子どもの虫歯を見るには、とにかくお母さん(家庭をだいじにするお父さんの場合には、お父さんも)の口の中を見てみます。 生まれたばかりの赤ちゃんの口 の中には、パイ菌はいません。 では、口の中の細菌はどこからやってくるのでしょう。細菌学の研究によると、子どもの口の中とお母さんの口の中に、そっくりの細菌が見つかっています。 口や腸の中など人のからだに住み着いている細菌 (常在菌)は、生まれてから数日のうちに赤ちゃんの口からからだの中に 入りこみます。人はさまざまな微生物 (細菌)と一緒に生きて います。体の中に入った 細菌は、人の敵ではあり ません。よい働きをする 細菌も少なくないのです。 口や腸の中には、たくさんの細菌が住みついていますが、その勢力は、口や腸の環境によって決まります。たとえば、歯が一本もなけれ ば、ミュータンス菌は口の中に住みつくことができません。 ラクトパチラス菌は、 強い酸を出して虫歯をつくる細菌ですが、かみ合わせの深い溝や詰 めもののすき間や、虫歯の穴がな いと、口の中で勢力を伸ばせませ ん。だらだら飲食をすることも、口の中の環境 を大きく左右して、虫歯にかかわる細菌の勢力を伸ばすことになり ます。