子どもの虫歯

子供の虫歯は、親の口の中を見ると、様子がわかります。

子供の虫歯については、とにかく母親(家族を大切にする父親も) の口の中を見てみてください。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、細菌はありません。では、口の中の細菌はどこから来るのでしょうか。細菌学の研究によると、子供の口の中と母親の口の中に、同じような細菌が発見されています。口や腸など、人の中で繁殖する細菌 (感染症) は、生まれた後数日の間に赤ちゃんの口から身体に入ります。人間は様々な微生物 (細菌) と住んでいます。体内に入った細菌は、悪い働きをするとは限りません。良い仕事をしている細菌も少なくありません。口と腸の中には多くの細菌が住んでおり、その影響は口や腸の環境によって異なります。たとえば歯が1つもなければ、ミュータンス菌は口の中で生活することはできません。ラクトパチラス菌は強い酸で虫歯を作りますが、歯と歯の間の深い溝や、詰め物と歯の隙間、虫歯の穴がない場合は、口の中で虫歯を作ることができません。飲んだり食べたりすることは、口の中の環境に大きく影響して、虫歯を作り出す細菌の勢力を増強することになります。