抜かない風潮は定着した

やむをえず行う抜歯と、抜かずに済ませる場合の境界は、患者と歯科医の考え方によって異なる。最近は、抜かない治療がが定着してきており、患者もがんばりたい。

頬が腫れたまま我慢している間に、口の中に塩辛い、またはすっぱいような味のものが出て来て、腫れが引いてとても気が楽になるケースがある。 ここまで虫歯が進行してしまうと、歯髄の炎症が歯根の先端から骨に広がってしまい、歯根膜にも化膿性の炎症 (歯根膜炎)が起きている。口の中に出た嫌な味は膿汗と呼ばれる。根の周辺から吹き出たものが、歯根の先から出て来て、歯ぐきを貫いて膿が口中に広がって出て来てしまう。膿で腫れあがってしまった歯ぐきが、破れることによって膿が出たので、楽になる。歯は炎症によって押し上げられてしまい、グラグラ感が感じられるのが普通である。激痛は伴わないが、相も変わらず硬いものを噛むことができない。こんな風になってしまった歯でも、近頃はすぐに抜かずに治療できる。

普通は、数日間空気を出入りさせることによって様子を見て、根管拡大を用いて清掃する。条件次第だが、歯根膜の炎症がやがて鎮まるのが普通の状態である。比較的まれにあることだが、場合によっては歯ぐきを切り裂き、骨をひらいて根の先を切断する手術(歯根端切除)によって、感染部分を削除する。すこし前までは、こんな病状の場合は抜歯せよといわれた。「いまだに、歯を抜く歯科医もありそう」というから、気をつけたほうがよいだろう。 最近は、「抜歯をするか、抜歯をせずにがんばってみる境目で、なんとか抜歯をせずにがんばってみましょう」などと、レントゲン写真を見せながら説明してくれる歯科医がいたら、いうことを聞いてみるべき。

抜く必要がないという歯科医の忠告は、とても良心的だ。ここ最近5年ほどで「できるだけ抜かない治療

の風潮が、完全に定着してきた。残根を活用することで、 歯の再構築を行う技術が発達してきたこともある。抜いてしまってブリッジにしたほうが儲かるという事情に対する良医たちの自戒の念もあると思われる。奥歯を抜いてしまい、親知らずを移植するという歯科医も存在する。智歯が若く、根尖が閉じていないこと、また水平に寝て生えていないこと等、条件はとても厳しいが、智歯の虫歯を問答無用に抜いた頃と比較すれば、格段の進歩が見られる。ところで、抜くしかない歯はなんであろうか? 第一は、根が割れてしまっている歯である。処置したにも関わらず、割れてしまったというのも、寿命による影響が大きい。処置半ばで「この歯は、根まで虫歯にやられてしまっているため、直せません、抜いたほうがいいでしょう、と言われたときも、同じだ。 また、レントゲン写真で見た時、歯恨が歯槽同であれば、これも抜歯する以外方法がない。

乳歯はいずれも抜けてしまう。したがって、乳歯の虫歯は、そのまま放置してもよいと考えている親はまだ多数いる。しかし乳歯が歯根まで溶けてしまうと、永久歯に悪い影響が出てしまう。溶けてしまったすき間に、別の乳歯が移動して、乱ぐい歯になってしまう。また、永久歯は自然に抜けていく乳歯に引っ張られて、頭を出してくる。乳歯を失うのが早すぎてしまっては、永久歯の確実な成長に対して大きなマイナスとなってしまう。ぜひ気をつけてもらいたい。 なお、抜けた歯をそのまま放置してしまうと、歯ぐきがやせてしまったり、上下で噛み合う歯が伸び出て悪影響を及ぼす。数カ月以内に義歯などで治療が必要である。