歯は不潔病

歯に関する病気のほとんどは、一言で表現すると、不潔な病気です。もちろん自分の歯が汚れた状態だとは誰も思わない。診察してほしいと思う患者の口の中がプラークや歯石におおわれている場合、ホームドクターはその家族の状態も気になることです。妻が非常に不潔な口で、それを理解していない場合、夫の口もきれいなわけではありません。病気の程度はそれぞれの体質に依存します。この夫婦の子供も例外なく、深刻な危険を持っていると思います。悪くなった大人の口の中を、まるで老朽化した建材で家を建てるように、削り、かぶせ、入れ歯でつくろう治療は、気が滅入る作業であろう。そして廃材で作られている家がどんなによく見えても、あやうい不調和の上に成り立っているために長期的に満足のいく治療結果が得られることはありません。治療には長い時間と多くの費用がかかり、その治療結果を保障するためには、患者に多大な努力が必要です。永久的な歯が育っておらず、年齢が小さい場合は、虫歯が非常に悪くても最初からやり直すことができます。「親の失敗を子供に繰り返さない」ためには、子供に歯磨きを懸命にさせることが重要なわけではありません。三度の食事を楽しむことができるテーブルとけじめの生活が何よりも重要であり、効果的です。そのため、ホームドクターである歯科医師は家族全員の生活にも責任を持って対処するべきことです。