歯は不潔病

 

歯の病気のほとんどは、一言で表現すれば不潔病です。もちろん自分では、そんなに汚い状態 だとはだれも思っていません。もし、来院した患者さんの口の中が 歯垢と歯石におおわれていたら、ホームドクターは、 その家族の状態が気になるもので す。奥さんがとても不潔な口をしていながら、それに気が付いてい ない場合、ご主人の口の中も、そんなに清潔なはずはありません。 病気の程度は、その人それぞれの抵抗力によってさまざまです。 でも、こんなご夫婦の子どもは、 例外なく重大な危険をもっていると考えてよいでしょう。ひどくな ってしまった大人の口の中を、ま るで朽ちた廃材で家をつくり直すように、削り、かぶせ、入れ歯をつくろつくって繕う治療は、ひどく気骨が折れるものです。そして廃材で つくり直す家が、どんなにうまく つくり直しても、あやうい不調和なものであるように、長期的に満足のいく治療結果は、得られるも のではありません。治療には長い時間と多くの費用がかかり、その 治療結果を保つためには、患者さ んも大変な努力が必要になります。子どもが、永久歯が生えそろ っ ていないほど小さければ、かなり 悪くても、 一からやり直すことが できます。「親の失敗を子どもに 繰り返させない」ためには、子ど もに歯みがきを 一生懸命させることが大切なのではありません。三 度の食事が楽しくなるような食卓 とけじめのある生活が、何よりも 大切で効果的。 ホームドクターである歯科医師 は、失礼ですが、こんなふうに家族全体の生活に目配りをするもの です。