歯石除去無麻酔

多くの医師や歯科医がアメリカ人が、痛さに弱いのはみなさんご存じだろうか。 麻酔技術も進歩した。安全な麻酔剤の開発で、痛さを手軽に避けられる。 麻酔注射もいまは無痛になった。 昔は、麻酔注射がすごく痛かった。しかしプロカインから痛くないキシロカイン(塩酸リドカイン)に、薬剤が変わった。粘膜に綿球でぬりつけたり、スプレーしたりする塗布麻酔剤も普及した。注射針も、鋭い使い捨てが当たり前になった。いま、歯科診療中に痛い思いをする場合をあげると悪い歯の確認金属の棒で、痛い歯に触れる。注意して、そっと指で触れてくれる歯科医が増えてきた。乱暴だと叩かれる。しみる歯の確認に氷水をかけられる。

歯石除去無麻酔で、痛いほどならやめてもらう。歯磨きに一カ月励んだ後行えばプレーニングはふつう麻酔する。近所の人たちに「決して痛くしないと有名な歯科」を聞き、そこに行って痛いのにすごく弱いから、決して痛くしないでと頼めば、無痛抜歯は実現できるのではないか。少なくとも、技術はすっかり普及している。 痛いのではないか、とおびえていると、痛みに敏感になる。