歯石除去無麻酔

多くの医師や歯科医師は、アメリカ人が痛みに弱いことを知っているのだろうか。麻酔技術は進歩した。安全な麻酔剤が開発され、痛みを簡単に避けることができる。麻酔注射も昔は苦しんでいた。麻酔の注射が余りにも痛かったからである。ただし、使用される薬剤が、プロカインからキシロカイン (塩酸メリドカイン) に変わって痛くならなくなった。粘膜に綿棒で塗りつけたり、スプレーして塗布する麻酔が普及した。注射用針も鋭くなって使い捨てが標準になった。今歯の治療中に痛い思いをする場合は、悪い歯のチェックのために、金属棒で痛む歯に触れる場合。その場合でも最近は、注意して静かに指でタッチする歯科医が増えた。また、おとなしく椅子に座っていないとたたかれたり、知覚過敏の歯の確認のために氷水をかけられた場合などがある。

歯石除去を無麻酔でやってみて、痛みがある場合は止めてもらいましょう。歯磨きを1ヶ月行うことができれば、ルートプレーニングの際は通常麻酔をする。近所の人に「腕の良い一流の歯科医」を聞き、痛みには我慢できないので決して痛くはしないでください、とあなたが懇願すれば、痛みのない抜歯が可能ではないか。少なくとも、技術は隅々まで普及しているようである。傷を負うことに怯えていると、恐怖や痛みに敏感になってしまう。