無痛の治療を受けるには

歯科の厄介なところは痛いことである。痛い治癒には、ほとほと困る。痛みに弱い人も少なくない。3本の親知らずのうち2つが虫歯。抜くことを決断したが、治療の痛みを考えるとき、二の足を踏んでしまう。このような人も多かろう。虫歯治療の痛みの軽減が求められている状況を、簡単に説明しておく。

結論から言えば、一般歯科において、痛みを伴う治療は例外とするに十分な無痛療法が普及しているようである。歯科医が親知らずを抜く場合は、まず絶対に苦痛がないこと (自信のない歯科医が担当する場合は例外)。この事実を知らない人が、抜歯を怖いからといって不安になることは、非難されるべきではない。記者の約35年前の歯科では、非常に痛い治療であった。今振り返ってみると記者はプロカイン麻酔またはアヒ酸方式の虫歯治療したが、このためにそれ以降の20年間歯医者に行くことができなかった。当時の歯科治療は、強力な痛みを伴ったためだ。最近記者は、水平方向に向いた親知らずを、前の歯が虫歯のためにやむを得ず抜いたとき、その治療が全然痛くなかったことに気がついた。神経を抜いても削られるのも、痛みがないことを十分に体験し、「ああ、歯科治療は痛みがなくなったんだ」と気付いたことである。この一件で「痛い思いをすることは当然」ではなく、「決して痛くはないことが当然」に変化、痛みのない治療の先進国へと進化している現状を認識した。