虫歯ゼロも可能な時代

以前と比較して最近は虫歯菌の横暴が弱い感じがする。予防への新しい知識と新しい予防方法が登場した。今や虫歯を完全に防止可能な時代になりました。

虫歯を予防するために何が最も効果ありますか?歯磨き粉ではない。磨くことが無駄というわけではない。が、虫歯の場合、原因のナンバーワンは砂糖。それは一日の回数が最大のポイントである。細かい説明は省略し、わかりやすく説明します。砂糖を口に入れると、急に歯の表面が非常に強い酸に覆われる。二十分ほど、エナメル質のカルシウム含有量が溶ける程度の酸がある。砂糖を食べる回数が問題。口を洗っても砂糖が歯の表面に到達すると酸性化は防ぐことができない。注意を2つ。すぐに虫歯は発生しない。歯は余りにも弱くない。溶解したカルシウム分を補給して、一度は元にもどって来る。短い時間に何度も砂糖を食べない限りは、虫歯にはならない。注意事項 の第一である。砂糖の量は関係ない。多く食べても、少しでも10分程度で酸性になる。ジュース一口でもチョコレートをたくさん食べても同じです。

回数が重要なことは、ある保育園の調査で判明した。十年前、子供の虫歯の爆発的な増殖に世界が大騒ぎのときに、軽食を午前と午後各1回のみに減らしたところ、子供の虫歯はほとんどゼロになったと報告する研究が現れた。ジャンクフード、甘いものなど、あれもこれも含まれていた。もちろん回数だけが重要ではない。甘さに慣れると、「低甘味」への道が基本である。虫歯は、まず防ぐことができると考えるといい。「低甘味」に存在することが、基本的に重要である。おやつは、菓子類、ジュース、コーラ類の多くが、砂糖系列の甘味料が使用されているので、虫歯を誘発しやすくなります。さらに自販機の普及などの甘味料もすぐ手の届くところまで来た。予防するためには、このことは大きな問題です。この方面の衛生教育は「3年程度まで、ジュースを与えると同時に、水で半分程度に希釈するとよい。この時期には通常の半分にしてしまうと、市販のジュースでは甘すぎてそのまま飲むことができません。「低甘味

を習慣づける方法の具体的な例である。ダラダラと間食をすることもよくない。農家で聞いたところ、幼児が泣かないように缶ジュースに釘で穴をあけて与える。その子供は、例外なく重度の虫歯になる。適当に与えていると回数が無限になる。砂糖の害を避けるためには、虫歯のなりにくい甘味料でなくてはならない。虫歯予防を考えた場合、「低甘味

が総合して好ましいといえよう。「低甘味

ではアスパルテームなどがよい。ほかにも虫歯予防に有効な甘味料は、ソルピットハソルピトール、キシロース、カップリング・シュガー、フラクトオリゴ糖 (ネオシュガー)、グリチルリチン(甘草抽出物)、パラチノース等。サッカリンは様々な面で避けることが賢明なように見えた。想定外だったのが、研磨したら虫歯は減少したという成功例を複数の統計量ではあまり見当たらないこと。ブラシだけでは、効果が薄いのである。フッ素は、論争が激しいし、フッ素の塗布は「有効ですが万全ではなく、体に無害で、虫歯ゼロだと言い切れない」と報告されています。

お子様の歯の噛み合わせの予防は、溝埋めと呼ばれる技術があり、小児歯科などでしてもらう。日常生活の中で応用したいと思うことは、デンタルフロスで、特に子供や若い人たちの前歯のように、歯垢がちょうど歯の間のスペースを占めている場合は、歯ブラシが入らない。