親知らず

「なるべく抜かない」のが、最近の虫歯治療法。とはいっても、虫歯の親知らずだけは、抜いたほうがよいことも、 かなりありそうだ。歯への関心の高さによって、助けられるかが決まる要素もある。

親知らず(智歯)は、水平に寝て生えできたり、とんでもない場所に生えたり、やっかいなのが多い。それに、一番奥。奥ほど、磨きにくい。だから、まともに生えても、虫歯になりやすい。

だが時に、大切な歯にもなる。たとえば、入れ歯になったとき、一番奥で入れ歯を支えて踏んばる歯として、重宝する場合もある。抜いてしまえば、この役に立たない。ほかにも役立つ可能性は、いくつか考えられる。抜いたらむろん、親知らずも再びは生えない。できることなら大切にしたい。しかし、実は親知らずは、まともに生えるよりも、やっかいな生え方のほうが、ずっと多い。生え方によっては、まともでなくても、矯正の技術などで、うまく「まとも」に直して役立てることもあるが、相当な大仕事だ。だから、まともに生えていないと、抜くことも多い。

さて、まともに生えている親知らずだからと、抜かずに置いても、きちんと磨き、役立つように保存できなければ問題にならない。それどころか、ダメになるまで始終痛み、腫れ、うずいていたばかりだ。抜かずに残すなら、しっかりと保存のための歯磨きを続ける必要がある。 すでに虫歯になったということは、現実に磨き方が不十分な証拠。心を入れかえて磨く覚悟がなければ、今後も痛み、不快に過ごしたあげく、結局、抜くことになりそうだ。 歯科医はひと昔前まで、親知らずが虫歯になると、すぐに抜いた。これには、磨かない人が多かったせいもある。苦労して残しても、そのうちダメになるに決まっていたわけだ。 いまでも、虫歯が神経(歯髄)に達し、神経を取るところまで進んでいたら、親知らずは抜くと決めている歯科医も、かなりあるようだ。そんなにやられるまで放置した患者なら、残してもと歯科医は考えるだろう。 逆にいえば、きちんと親知らずを役立てようと努力する患者なら、この限りではないかもしれない。抜きたくない人は、自分のその親知らずが現実にどんな害をしているか、どんな害の可能性があるか、また、役に立つかどうかも歯科医と話しあった上で、残せるし残したい、ということなら「こんなに大切にするのだから、残してと、行動で示すことだろう。 ただ、生えた場所や方向によっては、残して磨いても有害なだけ、ということもある。この場合は、納得がゆくよう、説明してくれるはずだ。 親知らずを残すのは、歯科医にとって大変らしい。