親知らず

「可能な限り抜かない」のが最新の虫歯治療法である。しかし、虫歯の親知らずだけは抜いたほうが良いこともかなり多かった。歯に対する関心の高さによって、助けられる歯をのこすこともある。

親知らずは横に寝て育ってしまったり、とんでもないところに育ち、面倒なことが多い。特に一番奥に育った場合。後方ほど磨きにくい。だからまともな育ちをしても虫歯にかかりやすい。

しかし時には重要な歯になる。たとえば、義歯を入ると一番奥で入れ歯を支えてくれるから、ふんばる歯として活躍することができる。抜いてしまえば、この役に立たない。そのほかにも役にたつ例はいくつか考えられる。もちろん、親知らずも、抜いてしまえば再生はない。可能である場合は大切に保存したい。が実際には親知らずは、正常に育つのではなく面倒に育つことがはるかに多い。矯正の技術などで、「まともな」に状態にすることができるが、相当大きな作業です。従って正常に生えていない場合は、抜歯することも多い。

まあ、まともな親知らずだから抜歯せずにおいても、きちんと磨き、手入れすることに苦労がない場合は、問題ではない。それどころか、ひどく痛み、腫れ、うずきがある場合は問題です。抜歯せずに残す場合、しっかりと保持のための歯磨きを継続する必要がある。既に虫歯になったということは現実には磨きが不十分な証拠。心を入れ替えて磨く覚悟なしでは将来的に痛み、不快感に進展し、最終的には抜くことになる。歯科医は昔、親知らずが虫歯になると、すぐに抜いた。これは歯磨きをしない人が多かったせいもある。困難を乗り越えても、抜くことになるに決まっていたわけである。

最近でも、虫歯が神経に到達し、神経を取るところまで病状が進むと、親知らずは抜くと決定する歯科もあるようです。そうなるまで放置した患者である場合、すぐ抜いた方が良いと歯科医師は考えることである。逆に言えば、正常な親知らずを利用しようとする患者である場合は、抜かないことも可能かもしれない。抜きたくない人は、自分のその親知らずが現実に何か害を与えることができるか、また役に立つかどうかも、歯科医と話して整理しておきたい。また、そのような場合は、「これを大切にしたい」と行動で示すことである。親知らずは生えた場所や方向によって、拭かなければ有害なだけ、ということもある。この場合は納得行くように説明してくれるのである。親知らずを残すことは、歯科医にとっては非常にメリットが低い。