金冠について

ろくに説明もなく「とにかく金が一番」と強調して金冠を勧め、一般的な方法であり健保が適用できる金パラ冠は歓迎していない歯科医は、患者の歯の健康よりも歯科医の収入を優先しているのではないかと疑ったとしても当然である。たとえ説明されても、一般的な治療としての金の効果に終始して、「あなたの歯を、特に金冠にしたいと考える理由」を説明していない場合、医師に対する信用の減少は避けられないように思われる。たぶん、そんな歯科医がいる場合は、情熱もなく歯磨き方法のヒントを教えてもらうこともできないだろう。記者だったら、他の歯科に行く。丹念に作成された冠を、丹念に調整して歯に入れたときに、金または金パラの違いの影響による二次う蝕の発症は、実際にほとんど関係ないことである。歯科や歯科技工士の作業にしたら、誰も知らない「運」の要因が大きく、ある程度の微妙な違いは、症状と関係ないとのこと。金か金パラかどうかの違いが響いてくるのは、歯科医および技術者が金パラの極限の精度を追求することができ、正確さを少しでも上げたいと思う場合にのみ、違いが明瞭になります。金冠の正確さを追求する専門家も、二次う蝕の予防が必要と考える。現在これらの技術水準では、金冠かどうかの微妙な違いを問題にすることは「非常に歯を大切にする

レアケースといってもいい。金または金パラか問題にする前に、良い歯科医療にかかって相応のコストを自分の歯のために支払うべきだ、と言いたくなるような患者が正直多い。金には、上記のコメントのほかにも人体に無害で食べ物の味が変わらないといったメリットがある。しかし、ニッケルクロムは避けたいと思う。