金冠の再使用

ずっと前に金冠を冠せた歯が、痛くなった。別の歯科医に行ったら、数万円もかかり、古い金冠は治療後に返してくれたといった経験の持ち主は多い。再使用してくれたら安くあがるのにとも感じる。

金の冠が高いのは、貴金属の金を使うからだと思っている人が、かなり多い。だが、これは誤り。材料費はかなり安い。金冠は、まずほとんど自費診療だが、料金の大部分は、製作費や、歯にセットする技術料だ。戦前、まだ「技術料」の考え方がなかったころ、歯科医は「金を使うから」というと納得するので、高額の治療費を請求して、とりにくい技術料を補っていた。そのシワヨセがいま、「金を再使用してくれたらという患者側の要望となっている。歯科医たちに聞いて回った事情を一言でいうと大体、以上のようだ。 では、金の値段はどのくらいか。たとえば、非常に重い部類の金冠でも、五号くらい。強引に再使用しても、そう安くはならないのだ。 この料金と材料費の差を、歯科医たちが積極的にPRしないのは、「なんだ、そんなに儲けているのか」と思われるのがイヤだからとある歯科医が解説した。技工料、人件費、設備償却費、光熱費などがあるから、「金代の残りはすべて儲け」ではないのだが、儲けなのだと受け取られかねない、というのだ。 さて、金の再使用は、技術的にできないのか。同じ歯科医の金冠なら、成分がわかっているから、できるそうだ。しかし、他の歯科医 がつくった金冠だと、組成が分からないから、 がやや不安という歯科医が多いようだ。 金冠と一口にいっても、どんな金属をどのくらいまぜてあるかが、見ただけでは分からない。使うのなら、いったん精錬して純金に戻し、 あらためて最適合金につくりなおすことになると、多くの歯科医はいう。これだと、手数も費用もかかる。

健保で金銀パラジウム(金パラ)冠をつくるとき、患者さんの了解があれば、金パラ冠の材料に、 外した金冠を溶かして使う。金パラの金比率が上昇するから、加工しやすくなって、冠がぴたりと 適合しやすいという、健保の歯科医がいる。よい方法だと思うが、厳密にいうと違法行為に当たるという解釈もあり、面倒くさいことも手伝って、やってくれる歯科医は、ごくまれだ。これをやってくれたら、大変よい歯科医だろう。しかし、他の歯科医からやっかまれて、面倒を起しかねないともいう。