金冠はどこまで歯によいか

賞金属の金(ゴールド〉は、歯の修復材料として、一番よいといわれる。けれど、高い。上下の前歯各六本だと健保が効くこともあるが、たいていは 自費だ。それに、歯科医によって、よさの程度の説明が、 かなり違う。「金パラでもほとんど違いませんよ」から 「何といっても金ですね」まで。本当のところ、どこまで 金は歯によいのか。高い料金だけの価値はあるのか。

しっかりした資料があるわけではないが、取材の総合的な印象では、治療のできばえを最も大きく左右するのは、歯科医の腕前のほう。金か、金でないかの差は、それに比べれば、ずっと小さい。 少なくとも、健保の金パラ(金銀パラジウム合金)の冠だと数カ月でだめになり、金冠なら三十年保つといったような大差はない、と考えていいだろう。その歯科医の腕前が、特上(名医)、 上、中、下のどのクラスかという検討を抜きにした「金冠か否か」の議論はナンセンスだ。

歯の修復は、健康のため。昔、金歯は社会的地位の象徴だった。けれどもう「チラリと見える金の八重歯」が、金持ちの家のお嬢さんのシルシとして尊重される時代は、過ぎた。であれば、金を使うか、金パラ(健保)ですませるかは、歯の健康面だけから論じたい。金冠がよい最大の理由は、よく延びるから、冠縁が歯とぴったりに仕上げやすいことだろう。このためには一般に、まず鋳造冠であって、無縫圧延冠ではないこと。そして、二次う蝕の原因となるすき間が、冠縁にないこと。それが大前提だ。すき間は患者でもある程度調べられるが、なかなか正確に判定はできないから、ある程度、歯科医任せにするしかない。 そのかわり、患者の「歯の健康」に、その歯科医がどのくらい熱心かを読みとろう。それをもとに、患者としては、その歯科医の「金のお勧め」が、問題の歯にどのくらい重要かを判定できそうだ。 金冠かどうかに関係なく、「あなたの歯は、具体的にこういうわけで、歯垢がたまりやすく、 虫歯になりやすい。だからここは、こういう風に、ブラシを当てて、こういう風に動かすようにしてくださいなどと、虫歯になった歯の病因除去を、ていねいに指導してくれたとする。今後は気をつけようという気になったら、その歯科医は歯を守るうえで、大事な先生だ。その歯科医が、あなたの歯ぐきは、ここのところが、こういう具合になってますね。だから悪影響を受けやすいのが分かるでしょう。冠の冠縁を精密にぴったりに仕上げておかないと心配ですなどと説明したとする。それも「なるほど」と納得したら、しぜん、冠縁が正確に仕上がる金冠を入れる気になるに違いない。可能なら、金といっても詰めものですませたがり、冠せるのを残念がるはずだ。