歯並びについて

歯ならびは遺伝的な影響を受けます。歯ならびが遺伝的な影響を受けることは、 一般にもよく知られて います。とくに、下あごの骨が頭 蓋に対して大きいという問題(骨格性の下顎前突) は、かみ合わせやあごの機能にとってしばしばマ イナスに働きますが、これは遺伝によるものです。 犬歯が外側にとび出た八重歯やそうせい がたがたの歯ならび(叢生)など は、遺伝の影響はあまりないようです。歯の形や大きさは遺伝的に決まるものですが、あごの大きさや形 は、生まれてから後のあごの使い方、力のかかり方によって変わります。それは育児に人 一倍熱心なお 母さんでした。甘いものをダラ ダラ与えたりは、もちろんしま せん。毎晩、「ハミガキじようずかナ」 って歌いながら子ども自身に歯みがきをさ せた後、膝を枕に、子どもをあお向けにして、仕上げみがきは お母さんがします。ところが、 これだけ熱心なお母さんなの に、皮肉なもので、幼稚園の歯 科検診で、虫歯が四本もあると 言われてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です