インプラントによる矯正

インプラント矯正では、あごの骨にネジ状の「インプラントアンカー」を埋め込みます。それを固定源として歯列を奥に移動させたり、押し下げたりして矯正治療を施します。奥歯をかみ合わせたときに、上下の前歯がかみ合わず、隙間ができてしまう「開咬」の場合、あごの骨に手を加えなければなりませんでした。しかし、インプラント矯正であれば、奥歯を押し下げて前歯と高さを合わせられるので、あごの骨に手を加えずとも治療ができるようです。また、治療期間が短くなるというメリットもあります。これは、固定源が安定しているため、数本の歯を一度に移動できるからです。

ある歯科医は、インプラントは合理的な治療法なので、今後さらに広がっていくだろうと予想しています。ただし、インプラントアンカーを埋め込む場所がずれると歯の神経に影響を及ぼすこともあるため、ある程度の経験と技術が治療には必要だとも考えています。

インプラントアンカーが薬事承認を受けているのは「骨接合材」ですので、矯正治療で使用する場合は、適応外となります。

歯科矯正治療は、上下両方の歯を治療するのが一般的です。抜歯が必要であれば、上下左右の歯を対称的に抜きます。歯科医の中には、上下どちらか一方の歯を矯正することは、あまりおすすめできないと考えている人もいるようです。費用や時間を節約するために、上の歯並びだけ治してしまうと、やがて上の歯並びも、再び崩れてしまうことがあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です